大木乳業株式会社 & 伊豆手作り菓子工房グリーンヒル土肥

 大木乳業沿革


明治30年頃 大木清七 乳牛を飼い、牛乳の販売を始める
昭和2年 大木清一 乳牛頭数を増やし、牛乳販売を拡大する
昭和28年 大木一清 乳処理施設を増設し牛乳販売の拡大をする。
昭和39年 学校給食への納入を始める。
昭和47年11月 大木乳業株式会社設立 代表取締役大木一清
昭和52年 仁科市乳の販売エリアを引き継ぎ、松崎・仁科地区(西伊豆町)の販売を始める。
平成7年5月 代表取締役 大木清司 就任
平成15年 観光地での牛乳の自販機での販売強化を始める
〇〇〇〇年 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇…















新規サイト001のフッター